保険請求のこんな課題に

1、POSに入れた情報をレセコンに2度打ちするのが面倒

2、返戻になりそうな内容をレセコンが教えてくれたらな

3、患者さん情報を入力するだけで時間がかかってしまう

POSレジ×レセコン連動

 多くのお客様のご意見をカタチに 

既存の患者さんはレセコンの入力作業が必要ありません。

POSレジにて保険診療メニューが会計されたデータはレセコンの施術日と自動連動します。

そのため施術日入力のみの既存患者は入力の必要がありません。

来院日付を照らし合わせ、算定漏れがなくなり、大幅な業務効率アップを実現します。
 

REPEATLINKのおススメポイント

POINT.

分かりやすくシンプルなデザインで入力が簡単。

RLシステムでは、POSとレセコンが連動している仕組みとなっています。

保険商品で会計処理が行われた時点で、レセコン側の該当日付へ算定可能な施術が自動的に表示されます。

会計操作とレセプト作成業務を同時に行うことができるため

双方で打ち込む必要がありません

POINT.

分かりやすくシンプルなデザインで入力が簡単。

負傷日、初検日、負傷部位を選択するだけで傷病も簡単登録。

POINT.

請求額は算定基準に沿ってレセプトに自動入力。

負傷部位などの情報を入力するだけで自動計算。

POINT.

初検日以降は、算定可能内容を自動で算定。

複数日まとめて施術入力も可能。

POINT.

施術録はカレンダーから簡単に編集が可能。

精算を終えた施術は「会計」済み表示。

その他、レセプト業務をサポートする便利な機能を多数搭載!

保険証スキャン

iPadカメラで保険証情報をスキャンできます。

保険証情報はカメラで撮影するだけで情報をデータ化が可能なので、

新規患者入力の業務効率が格段に良くなります。

スキャン後は情報を確認して入力完了。

 面倒な入力作業なしでOK 

アラートによる返戻防止

当月の請求内容をレセプト月締め画面にて一覧で表示します。

月末時のアラートやエラーが充実しており、

返戻をしっかりと防止します。

前月までの未印刷レセプトや返戻状態レセプトを簡単に確認でき、

印刷プレビューも大きく表示します。

 見落としていたミスがなくなります 

柔整⇔鍼灸 近接自動判断

柔整レセプトで入力した内容が鍼灸レセプトで近接部位に

なっていないかの判断を自動的に行うことが可能になります。

近接となっている場合、システムがアラートメッセージを表示して

お知らせをしてくれます。

 柔整レセコンと鍼灸レセコンが連動 

領収書印刷

規定通りの領収証が簡単に印刷できます。

 レジ会計(自費分)とレセコンが1つのシステムに存在するため、

算定基準に則った領収証が簡単に自動で出力できます。

複数日まとめた領収証の印刷も可能なので

コンプライアンス遵守をしっかりサポートします。

 安心安全の正しい領収書を作成 

各種師会対応

私たちとつながりのある師会さんをご紹介で

安心安全なレセプト請求をご提供します。

音声入力に対応したデザインを重視したシンプルな画面で、

レセプト作業効率化を実現します。

 一連の流れはすべておまかせ 

専属スタッフによるサポート対応

保険請求を行うにあたっての不明点や不安に思ったことは、

専属スタッフによるご対応を行っております。

お気軽に相談できる環境を整えているのでご安心ください。

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-2
日本橋フロント1F
050-5371-8260