新着記事


catch-img

明確な経営理念とビジョンを持とう

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.1.経営理念やビジョンはありますか?
  2. 2.2.具体化して実行する
  3. 3.☑.業務効率を上げデータ分析まで

1.経営理念やビジョンはありますか?

経営理念とはいわば志であり、経営者の描く世界観です。

そして経営理念に基づいてビジョンを定めます。

明確に掲げている店舗ほど業績が良い傾向にあります。

理由は具体的で明確な意識があるということは、自然とスタッフ全員が経営に目を向けることになり、業績アップにつながっていくということになります。

2.具体化して実行する

ビジョンを掲げるだけでなく、より具体的に落とし込めるかが重要です。

その具体策は経営計画であり、戦略・戦術になります。

ビジョンを基準に、店舗の運営方法、集客の方法、リピートしてもらうための施策、働くスタッフが満足できる環境設定など改善、改良していくポイントは無数に存在します。

ひとつずつ良くしていくことで業績が上がりいい会社になっていくことでしょう。




☑.業務効率を上げデータ分析まで

売上管理、予約管理、顧客管理からレセコンまで、多彩な機能がひとつのプラットフォームに集約されています。

複数のシステムを導入して、データがつながらない、かえって業務が増えた、などといったことが起こらない設計になっています。

さらに日々の業務で行った作業をデータ化し分析まで簡単に行うことができるので、正確なエビデンスを元に経営戦略を立てることが可能になります。