新着記事


catch-img

来院患者を分析する目的とは

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.1.自院の全体像を知っておく
  2. 2.2.強みを知り活かす
  3. 3.☑.来院の理由を可視化

1.自院の全体像を知っておく

業績が上がっている時や、落ちている時の原因がわからない場合は、来院患者の分析をすることで何らかの原因が見えてきます。また気付かなかった発見をすることもよくあることです。分析といってもデータを残しているだけでは意味を成しません。データを見てどう活かすかが自院の成長に欠かせません。

2.強みを知り活かす

繁盛院は必ずと言っていいほど、明確なコンセプトと課題解決力をもっており、それを強みとして他院との差別化を図っています。自分が患者側に立った時どういった院を選び、通うようになるか考えましょう。まずは短所を補うのではなく、長所を知りしっかりと伸ばした方が効率的です。そのためには定期的な来院患者の分析が必須となります。




☑.来院の理由を可視化

来院された理由を日々の業務内でシステムに打ち込むだけで、データとして集まってくる仕組みになっています。アンケートシートをわざわざ作る必要もなくなりより、効率よく分析ができるようになります。さらに初回来院数、2回目以降の来院数などを分析することも可能です。シートとして確認するのも良いですが、弊社ではBI(ビジネスインテリジェンス)でiPadでわかりやすく日々のデータを確認する機能もご用意しています。