新着記事


catch-img

お客様に喜ばれる施術をするには

<目次>

目次[非表示]

  1. 1.1.施術レベルには5段階がある!?
  2. 2.2.施術の価値を見える化する
  3. 3.☑.必要な情報はタイムリーに共有

1.施術レベルには5段階がある!?

施術のレベルには以下の5つの段階があるとされています。

・第1段階【ルーティン】
 → 施術の定型を真似して、その通りにできるか

・第2段階【タッチング】
 → ルーティンの施術をタッチを意識しておこない、技術として落し込めるか

・第3段階【強弱】
 → お客様の状態について施術と診断を同時におこない、設計図を描けるか

・第4段階【顧客ニーズ】
 → 経験を元に「顧客のニーズ」を察知する

・第5段階【言語化】
 → 感覚で感じたものをどれだけ言葉に変換して伝えられるか

この施術レベルが上がるとお客様からの信用を獲得することができ、より濃いファン、リピーターになると言われています。

2.施術の価値を見える化する

施術の技術を向上させることはもちろん、施術以外の付加価値をお客様に提供することであなたのお店に行く理由を作る必要があります。《施術+コミュニケーション力》が大切です。これはお客様がなにを求めて来られたのか(ニーズ)をくみ取ることにつながり満足度へ直結していくのです。



☑.必要な情報はタイムリーに共有

来院前にお客様の状態や以前話した内容などを事前に確認しておきましょう。
これまでのように紙に書いた内容を一枚一枚見るのではなく、
システムを活用することで、複数人の確認や別スタッフにお客様情報まで
簡単にチェックすることが可能になります。

お客様の各情報を登録し、会計記録や来店履歴などを参照することができます。性別や年代を登録することで顧客情報の把握や分析等への集計が可能。